動物プロダクションの疑問

動物プロダクションについて徹底解説

このサイトでは、動物プロダクションに関する情報をまとめてご紹介しています。
読めば初心者でもよく理解できる、プロダクションについての詳しい解説も、このサイトに掲載されている情報の一つです。
動物のプロダクションの仕事をするために、必要な資格はあるのかという情報も、このサイトではご紹介しています。
動物のプロダクションの仕事に就く人に求められるているものについても、このサイトではあわせてご紹介しています。

これを読むと初心者でもよくわかる!動物プロダクションについて詳しく解説

これを読むと初心者でもよくわかる!動物プロダクションについて詳しく解説 動物プロダクションという言葉を聞いたことがない初心者にとっては、どのような仕事をする会社なのかわかりにくいところもあるかもしれません。
わかりやすく解説すると、動物プロダクションとは撮影などで動物を必要としている人のために、必要な動物を提供している会社です。
映画やテレビドラマに出演する動物を制作会社に提供している会社もあり、コマーシャルやモデルの仕事を引き受けている会社もあります。
動物プロダクションの中には、自社で管理している動物を専門に派遣している会社の他に、一般の人が飼っている動物をタレントとして派遣している会社もあります。
会社に登録をされているペットがこうした仕事を担当していて、自分の飼っている多くのペットをタレントとして登録している飼い主もいます。

動物プロダクションに所属する動物タレントの仕事内容は?

動物プロダクションに所属する動物タレントの仕事内容は? 自宅で猫や犬といったペットを飼っているご家庭は多いですが、可愛い自宅のペットをテレビドラマや各種広告に出演する動物タレントにしたいという声は少なくありません。
基本的にプロの動物タレントとして活動するためには、まず動物プロダクションに登録し仕事を探す必要があります。
そのためまずは各動物プロダクションの行っているオーディションに参加し、フレンドリーテストや宣材撮影といった内容を受けて、オーディションに合格できれば無事事務所所属となります。
動物プロダクションに所属する場合登録費用がかかる場合があり、年会費と入会金がそれぞれかかる場合があり、登録後は宣材写真を元に作られた専用の紹介ページが公開される流れです。
後は公開ページから仕事の依頼が定期的に入るようになるシステムなので、まず動物タレントを目指すにはオーディション合格をする必要があります。
実際に動物タレントが行う仕事内容は、ペット雑誌やポスター広告、CMやテレビに出演して女優さんや俳優さんと一緒に演技をして活躍するなど仕事内容は様々です。
プロダクションによって請けている仕事内容は異なるため、登録をする際には必ず特徴を理解した上でオーディションを受けるようにしましょう。

動物プロダクションへの入り方をご紹介します

動物が大好きで動物と関わる仕事をしたいなら、動物プロダクションに入るという選択肢があります。
動物プロダクションの仕事は、テレビ番組やCM、広告の撮影などに動物を派遣する仕事です。
爬虫類や昆虫も扱い、必要なら採取もします。
訓練や健康管理も仕事となるため、動物を理解して信頼関係を築く必要があります。
資格を得て就く仕事ではないため、入り方は通常の就職活動となります。
動物プロダクションはペットショップを兼務していることが多いため、どちらかの採用試験を受けることになります。
確実に採用される方法はありませんが、動物の状態を見抜く観察眼やトリミングなどのケアができることが望ましいです。
一般的な進路としては、高校卒業後に大学や専門学校で獣医学や動物看護学、マスコミ学などを学ぶことになります。
公益社団法人、日本愛玩動物協会が認定する「愛玩動物飼養管理士」の資格があると、就職に有利です。
この資格は、「動物取扱責任者」になるための要件の1つである「動物関係の資格」として多くの自治体が認めています。

動物プロダクションの社員になるためにはどうするのか

テレビを見ているとCMやドラマや映画などで愛くるしい表情の動物や、演技力の高い動物を目にすることも多いです。
メディアに出演している動物のほとんどが、動物プロダクションに所属していて中には売れっ子のスター動物も存在しています。
依頼された希望に合った動物を選び現場までの送迎や、動物の健康管理や演技指導を行うのが動物プロダクションの仕事です。
ストレスの掛かる瞬間の多い動物を、いかに快適に過ごせるのか考えて動くことが必要となります。
動物プロダクションの社員として働きたいならば、自分に合ったプロダクションへの就職が必要です。
日本には数多くの動物プロダクションがあり、随時社員の募集も行っています。
就職する為に必ず持っていなければならない資格はありませんが、動物を適切に管理する為にトリマー資格やトレーナーライセンスなど就職に有利となる資格もあります。
本気で就職を目指すなら、まずは動物を適切に扱える資格取得を目指すことをおすすめします。

動物プロダクションに所属している動物の種類

テレビCMや雑誌やドラマや映画その他企業広告やイベントなどで、動物を見かける機会はとても多いです。
登場する動物はほとんどが、専門の動物プロダクションに所属している動物です。
動物プロダクションにクライアントから依頼が入ると、出演内容に合わせて動物を選びスケジュールに合わせて出演させています。
動物プロダクションに所属している動物の種類と一口に言っても、そのプロダクションによって様々です。
出演機会が多い犬や猫の他に馬やうさぎや鳥や爬虫類や昆虫などが、所属しているプロダクションもあります。
変わった種類の動物を所属させているプロダクションもあり、蟻やてんとう虫など小さな虫がいる所やライオンやラクダやアシカやペンギンといった動物の手配をするプロダクションもあります。
動物の健康管理と適切な指導を行っている動物のプロであるプロダクションに所属している動物の中には、演技力が高いと人気を集めるスター動物もいます。

動物プロダクションで人気の生き物を紹介!

テレビに出たりモデルになる犬や猫などの動物を飼って訓練をしたり仕事を取ってくる動物プロダクションは、犬や猫だけでなく鳥やカワウソ、ウサギやフェレットなど多種多様な動物が所属しています。
魚やトカゲ、蛇など魚類や爬虫類もテレビなどに出演するときがあるので飼っているプロダクションも多いです。
動物プロダクションに所属しているタレント動物で犬や猫は定番の人気を誇っていてよくテレビなどにも出演していますが、そのほかの生き物で人気が高いのは熱帯地方に住む大きな蛇です。
テレビなどに出る機会はあまり多くなくても、モデルの首に巻いたりして写真撮影をするためによく使われます。
大蛇といっても無害でおとなしい種類のものなので、女優の首などに静かに巻き付いて写真を撮ることができます。
そのほかイベントやバラエティ番組などに出演して活躍をすることもあるのですが、蛇を所属させているプロダクションがそれほど多くない分、飼っているプロダクションのニーズが高いとも言えます。

動物プロダクションを選ぶときに意識したい補償の内容

ペットを飼っている家庭は日本にもたくさん存在しますが、犬や猫などのいろいろな種類の動物を飼っている特徴があります。
自分のペットは特に可愛く感じるのは普通ですが、可愛い自分のペットをテレビやCMなどに出したいと考える人も存在する筈です。
ペットだけでなく飼い主も有名になることもありますから、早めに動物プロダクションにペットを入れるといいかもしれません。
動物プロダクションにペットを入れることで、スムーズにペットをテレビやCMに出すことができますから、一気に有名な動物になれる可能性が高いです。
テレビやCMではただ座っているだけでなく、何かしらのアクションが求められるケースも少なくないですし、普段とは慣れない環境で怪我をしてしまうようなこともあるかもしれません。
そのようなトラブルにしっかり対応できるように、補償が用意されている動物プロダクションを利用したほうが簡単に問題を解決できる筈です。
補償の内容はいろいろと違いがありますから、最初の段階で質問をしておくのが大切になります。

動物プロダクションのおすすめHP

動物プロダクション

Copyright © 2022 動物プロダクションの疑問 all rights reserved.